岩見沢市 企業紹介

IWAMIZAWA COMPANY GUIDE

キーワードから探す 

INTERVIEW


DDL

DATA

会社概要
資本金 _3,500万円
従業員数_19人
事業内容_システム回路設計・開発・業務用組込機器開発・製造・ソフトウェア開発・電子玩具開発・製造

〒068-0034
北海道岩見沢市有明町南1-29
岩見沢市新産業支援センター
TEL 011-206-8558
http://www.ddl.co.jp


魚が食いつく時の引きなど本物の釣りに近い感触が楽しめる釣りざお型の仮想現実ゲーム「バーチャルマスターズリアル」(タカラトミーアーツ製)。

魚が食いつく時の引きなど本物の釣りに近い感触が楽しめる釣りざお型の仮想現実ゲーム。さおの手元にある小型液晶画面に川や湖、海など釣り場の仮想アニメ映像を流し、魚を探してバーチャルに釣りを楽しむ。ARカメラを搭載し、ユーザーのいる場所で釣れる魚が変わるのが特長だ。

このゲームを開発したのが、気鋭のおもちゃメーカー、ディーディーエルだ。出村孝彦社長は「おかげ様で、この商品は日本おもちゃ大賞で優秀賞を受賞しました。昨秋に発売した第2弾は、通信対戦機能が付き、釣れる魚種も増えたんですよ」と楽しげに語る。

大手ゲームメーカー出身の出村社長を含め、ハードウェアやソフトウェアに精通した6人で立ち上げた企業。当初はダーツなど電子玩具を中心に手掛け、組込機器やlot(モノのインターネット)の開発・製造へと徐々に業務を拡大してきた。企画から設計・開発、量産まで全てのものづくり工程に携わることで、品質とコストパフォーマンスに優れた製品を生み出せるのが最大の武器だ。

そのひとつの達成とも言える商品が、「e-DISP・Z」(イーディスプ・ズィー)。子機のセンサーで取得したデータを、近距離無線通信モジュールを用いて親機に送信し、親機の画面上でセンサーデータをモニタリングすることができる。ビニールハウス内の環境モニタリングや小売店舗の冷凍・冷蔵庫の監視などに使われ、「無線通信モジュールを認証も含めて自社で作れる強みが生きた」と胸を張る。

もっとも、開発までの道のりは苦労の連続で、特に液晶画面の製作に難儀した。携帯電話の中古品を取り寄せ、信号を解析するなど地道な努力を重ねて何とか完成にこぎ着けた。

だが、悲壮感らしいものは微塵もない。「小学生のころからラジオを解体し、ゲーム機を改良することに没頭してきた人たちばかりですから」。社内には、仕事を遊びのように楽しむ気風が満ちている。次はどんな斬新な商品を生み出すのだろう。

株式会社 ディーディーエル


人材育成に関して

社歴が10年余りと浅いこともあって、今のところ中途採用のみとなっているが、OJTで教育を行って会社に慣れてもらい、徐々に実業務を担わせるようにしているという。「一連の製品の企画から設計・開発、量産まで、担当者に付いて勉強しながら仕事をしていきます」と出村社長。将来的には新卒採用も視野に入れている。

会社として求める人物像はズバリ、「オタク」。ただ、ラジオの解体やゲーム機の改良はおろか、プラモデルさえ作ったことのない人が自社の採用試験を受けに来ることもあり、「スマホだけでなく、機械そのものをいじって楽しむ人がもっと増えてほしい」と願う。