岩見沢市 企業紹介

IWAMIZAWA COMPANY GUIDE

キーワードから探す 

INTERVIEW


KEIHAN CELLOPHANE

DATA

会社概要
資本金 _301,250千円
従業員数_389人
事業内容_食品パッケージ加工

〒068-0015
北海道岩見沢市東町276-1
TEL 0126-24-1075
http://keihan-c.co.jp

(北海道工場長 天野 正美)


社員の幸せが商品の〝顔〟づくりの原動力

有名な即席めんのデザインがぎっしりと印刷されたフィルムが、機械に高速で巻き取られていく。京阪セロファン北海道工場が作っているのは、商品の〝顔〟とも呼ばれるパッケージ。主力は即席めんやハム、菓子など食品だ。「私たちの口に入るものを包むパッケージだけに、衛生面には特に気をつけています」と、天野正美工場長は歯切れのよい口調で話す。

自慢は、2011年の新棟建設時に導入した最新設備の数々。印刷機は7色刷りでユニットごとに電動モーターがついており、図柄合わせなどの精度が格段に向上。印刷機にはカメラが設置され、インク飛びや異物混入などをコンピュータで厳しくチェックしている。「スピードも上がり、生産能力も向上しました」機械の性能だけに頼らない。生産性の向上へ、社員も知恵と工夫を凝らす。2018年の年間テーマは「スピード1%アップ、歩留り0.2ポイントアップ、準備時間0.3分短縮」。品質を高いレベルで維持しながら、効率を上げるためのギリギリの挑戦が続く。

全社挙げて追求しているのは、「社員の物心両面の幸福」という。賃金水準は地場企業の中では高く、利益は社員に還元。昨年は業績が特に好調だったこともあって、5か月以上分の賞与を出した。人気温泉地への社員旅行や、家族も招いて敷地内で焼き肉を囲むイベントなどで社員を慰労する。

品質管理の仕組みが適正であることを示す国際基準のISO9001(品質管理マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)に加え、2018年には食品安全の国際規格であるFSSC22000を他社に先駆けて取得。フル稼働化に伴って、交代勤務を3班で受け持つ「3班2直」も導入し、社員の負担を抑制しつつ生産性をアップする体制を整えた。

「食品にはパッケージが必要で、伸びる余地はまだまだあります。食品だけでなく非食品にも進出していきたい」と天野工場長。社員の幸福を原動力に、フィルム技術で社会に貢献する。

京阪セロファン株式会社


人材育成に関して

頑張るほど報われる賃金体系
新入社員研修は、京都府の本社で1週間ほどみっちり仕事の基礎を学ぶ。お寺で座禅を組むというユニークな内容も。さらに、中堅、管理職、経営幹部など職階ごとに必要な知識やスキルを身につける研修が用意されている。食品に関連する事業を営むだけに、特に衛生面については多くの時間を割いている。

3班2直体制の導入に伴って社員を例年以上に採用したこともあり、若返りが一気に進んだ。20代の社員が最も多く、平均年齢は30代という。賃金制度は能力給で、体系も確立している。頑張れば頑張るだけ報われる会社だ。