岩見沢市 企業紹介

IWAMIZAWA COMPANY GUIDE

キーワードから探す 

INTERVIEW


MORITAN

DATA

会社概要
資本金 _8,000万円
従業員数_450人
事業内容_水産冷凍食品・農産冷凍食品・調理冷凍食品、ミール等の製造及び販売・漁撈部門

〒068-0833
北海道岩見沢市志文町825
TEL 0126-22-1021
http://www.moritan.co.jp


道産原料にこだわったコロッケを全国へ

大手コンビニエンスストアや人気のお弁当チェーン店などに自慢のコロッケを卸すモリタン。

「スーパーや外食産業、病院、学校給食にも当社のコロッケが使われています。もっとも、当社の名前が前面に出ることはありませんが……」と、執行役員管理本部長の猪島秋彦さんは話す。

社名の代わりに前面に出るのは「北海道産」。ジャガイモはもちろん、パン粉も道産にこだわる。自前のパン工場を持ち、道産小麦でパンを焼き上げてから粉砕。作り置きはせず、その日使う分だけを作る。そうしてできた生パン粉を衣にまとったコロッケは、カラッと揚がるという。合成着色料は一切使わず、ニンジンやカボチャ、トマトなどで着色。それらの野菜もすべて道産というこだわりようだ。原料は組合契約や個別契約で安定的に仕入れ、量産体制を築いている。

「大きなコロッケだと1日1ラインで20万個、小ぶりのコロッケだと1日1ラインで30~35万個を作ります。アイテム数はコロッケだけでも200種類。全国に出荷されますが、西日本は東日本と比べ甘めの味付けが好まれるため、社内では『イースト』『ウエスト』と呼んで味付けを変えています」

北海道ブランドを掲げ、全国で引く手あまたの同社だが、起源は1961年に紋別市で創業した森丹治商店にさかのぼる。当初は水産事業を柱に営業していたが、「水産だけでは限界がある」と農業が盛んで交通の利便性も高い岩見沢市に活路を求め、岩見沢、次いで栗沢に工場を設立した。

現在は農産が全製品の85%を占めるまでになったが、この間の道のりは平坦ではなかった。特に苦労したのはパン粉作り。「道産小麦は元々、うどんなどには向いてもパンには不向き。6~7年にわたって研究を重ねました」。執念とも呼べる道産へのこだわりで、苦労を実らせた。

栗沢工場でジャガイモの皮むきなどの1次加工、パン工場を併設した岩見沢工場でコロッケ作りの2次加工をして製品に仕上げる分業体制を確立。2017年までに紋別を含めた道内3工場の近代化を完了し、食品安全の国際規格「FSSC22000」の認証取得も視野に入ってきた。「まるごと北海道」のコロッケが、さらに飛躍を遂げそうだ。

株式会社 モリタン


人材育成に関して

「求める資質は、食への興味・関心」
社員に求める資質の第一は求める資質は「食に対する興味・関心」と猪島さん。「チームの一員という意識と仕事に対する責任感、目標意識とチャレンジ精神も大切」と言う。

新卒は毎年、高卒を含め10人前後を採用。就職に伴って市外から岩見沢市内に転居する新入社員も多く、地元雇用はもちろん人口増にも貢献している。

例年の2倍の24人が入社した2016年採用組の一人、赤坂和さん(酪農学園大学出身)は「大学で食品関係を専攻しており、道産原料に強いこだわりを持っているということで当社を就職先に決めました。先輩、上司がいい方ばかりで、社長も気軽に話しかけてくれます」と話す。