岩見沢市 企業紹介

IWAMIZAWA COMPANY GUIDE

キーワードから探す 

INTERVIEW


OJI CONTAINER

DATA

会社概要
資本金 _100億円
従業員数_2,125人(平成30年7月20日付)
事業内容_段ボールシート・ケースの製造販売

〒068-0015
北海道岩見沢市東町248
TEL 0126-23-2665
http://oji-container.co.jp

(札幌工場 工場長 片岡 雅人)


世の中に欠かせない「段ボール」を作り続けて半世紀

あまりにも身近なため普段は意識しないが、なくなると実は大変に困るというものが、世の中にはある。「段ボール」もそのひとつだろう。大切なものを送り先まで安全に届けるための段ボールを作っている会社が、全国に27工場を展開する王子コンテナーだ。

板紙を多層構造にした段ボールは、一見単純だが、規格品はない。運ぶものによって、その形状やデザインは千差万別。中には、鮮度を保つため防湿性を高めていたり、水に濡れても強度がほとんど変わらない「機能性段ボール」や、ビールケースのように鮮明な多色印刷を施した「美粧段ボール」と呼ばれる製品もある。

「段ボール製造は受注産業。製品の一つひとつがお客様のご要望に準じています。ですからお客様のニーズに合ったものを作ることが、私たちの一番の使命です」。従業員約90人を擁する札幌工場の片岡雅人工場長は、物腰柔らかにそう話す。

同社の属する王子グループは、言わずと知れた国内の最大手製紙会社グループ。140年の歴史が支える確かな技術が強みだ。このうち同社は最も消費者に近い「川下」に位置し、グループ企業から紙の供給を受け、最新の設備を使って加工する。紙は再生可能なリサイクル品で、環境に優しい会社でもある。

中でも札幌工場は、社内の全工場が参加して品質管理活動の優秀さを競う大会で、2017年度までの過去3年に2度も優勝するなど存在感を示す。1971年の操業開始から間もなく半世紀。取引先は地場を中心に200社超に上り、会社の一翼を担う工場として確かな地歩を築いた。

「木箱から段ボールに置き換わって久しい。では今後、段ボールから何に置き換わるかというと、ちょっと想像がつきません。段ボールは、それだけ私たちの生活に定着しています」と片岡工場長。口調は穏やかだが、段ボールにかけてきた強いプライドがにじむ。世の中になくてはならない段ボールを作る、なくてはならない会社だ。

王子コンテナー株式会社


人材育成に関して

充実の研修システムで社員を育成
巨大な企業グループに属する、従業員数2100人余りの会社だけあって、階層別、レベル別に研修システムが整備されている。王子グループ全社で蓄積した過去の膨大な事例をベースにした安全教育もグループ全社で水平展開され、効果を上げている。

求める人材像は、「それぞれの職場でそれぞれ求められる特性があるため一概には言えませんが、素直だというのが一番。現場で先輩や上司の話を聞き、学び、動けるかが大切だと思います」と片岡工場長。社内ではコミュニケーションを重視し、風通しのいい職場づくりに努めている。65歳定年制を敷き、正規で定年まで勤められるのも特色。安心して長く働ける会社だ。