岩見沢市 企業紹介

IWAMIZAWA COMPANY GUIDE

キーワードから探す 

INTERVIEW


SHINREKI KOGYO

DATA

会社概要
資本金 _250,000千円
従業員数_117人
事業内容_土木工事・とび・土工工事・石工事・鋼構造物工事・舗装工事・塗装工事

〒068-0111
北海道岩見沢市栗沢町由良244-18
TEL 0126-34-2050
http://www.shinreki.co.jp

(北海道事業所 所長 松岡 幸生)


「何事にもチャレンジ」の補修材製造・販売会社

私たちの生活に欠かせない道路の補修材を製造・販売するシンレキ。道路に開いた穴を塞いだり、段差を直したり、ひび割れを修復したりと、道路の状態に合わせて豊富なラインナップを用意している。北海道事業所の松岡幸生所長は「国や道、市町村といった発注機関にPRして、当社の商品を使用していただいています。もちろん、自信を持ってお勧めしていますよ」と笑顔で話す。

看板商品は、1989年から販売を始めた「エムコール」だ。それまでの補修材は、雨水などが補修個所にたまっていると施工できなかったが、エムコールはどんな天気でも施工可能な全天候型。同業他社に先駆けて開発し、一躍脚光を浴びた。

袋に樹脂と特殊添加剤を入れ、手でもむだけで簡単に使える路面補修材「Non!ステップ」や、アスファルトの接着力を向上させる「エッジスプレー」、ひび割れや目地に注入するだけで舗装の傷みの進行を抑える「SRKシール」なども主力商品。舗装工事の前にテープを張るだけで雑草の発生を防ぐ「ボーソーシール」という商品までそろえている。

実は積雪寒冷地の北海道は、道路が傷みやすいのが宿命。アスファルトはその性質上、凍結と融解を繰り返すと劣化が進むのだ。今年はこうしてできたポットホール(穴)によって、走行中の車のタイヤがパンクするなどの被害が相次いだことは記憶に新しい。繰り返し除雪することも、舗装の維持にはマイナスだ。

こうした被害は、雪解けが進む時期に判明するため、北海道事業所は2~3月が一番の繁忙期。年間の売り上げの実に5割が、この時期に集中するという。「まだ道路状態が悪い時期で、毎年、悪戦苦闘します。ただ、安全・安心で快適な道路環境を提供するため、社員一丸となって頑張っています」

モットーを聞かれ、「何事にもチャレンジしていく姿勢」と松岡所長は即答する。不断の研究で新商品も次々と開発。シンレキの進撃は、止まらない。

シンレキ工業株式会社


人材育成に関して

コミュニケーション重視のオープンな職場
生活に密着した道路に関わる事業を営むだけに、仕事が毎年、安定してあるのが魅力の会社。繁閑の差が大きいが、「春先の繁忙期以外の時期は準備。ここでいかに頑張れるかで業績が変わってきます」と松岡所長は話す。

北海道事業所のスタッフは全部で6人。この人数で全道をカバーするため、たとえば営業でも、商品の配達や製造の補助などに当たる場合が日常的にある。その意味では、さまざまな業務に対応できる柔軟性が必要だ。所内ではコミュニケーションを重視しており、「若い人も意見を言いやすい、とてもオープンな職場です」とPRする。